今までご苦労さん

発達障害のこと、自分と関わる他人のこと、メンヘラだったこと、月に一度のネガティブ週間のこと、自分を大切にすることの重要性とか

発達障害とPMDDについて

今現在のわたしに見られる発達障害PMDD(月経前不快気分障害)について書こうと思う。

そもそもわたしは「あなたは発達障害ですね」と診断された訳ではない。小学生の頃不登校になったわたしを心配した母が一度診てもらおうと隣町の精神科へ足を運んだ時期があった。その時医者から「娘さんは発達障害かもしれないね、一度連れてきてください」と言われたらしい。当時のわたしは病院へ行きたがらなかったため結局診断はされずはっきりしないまま大人になってしまった。

 

大人の発達障害は診断が難しい。医者も一概に「あなたは発達障害である」と言えないことが多いらしく「おそらくそうだろう」「発達障害の気がある」「そうかもしれない」等の診断を積み重ねて「発達障害である」と診断がつく場合が多い。(もちろん知能テスト等ですぐわかる人もいる)

 

ところでわたしにはPMDDという厄介な症状がある。生理2週間前から抑鬱や不安感に加えPMSの諸症状(食欲増進・むくみ・頭痛等)がモリモリ出てくる。生理予定日が近づくにつれ症状は酷くなり箸が落ちただけで怒り狂い、部屋が寒いというだけで絶望し泣き、どうしてわたしは生まれてきたのだと自問自答する。これが生理が来るまで続く。マジで。

これだけでも大変なのだがこのPMDDの症状が出始めたとき加えて発達障害の症状まで強まってくる。まず物を失くす。さっきまで机の上に置いておいたボールペンが5分後には無くなっていたりする。それから物事の順序立てが出来なくなる。なにを優先すればいいのかわからなくなり料理中の台所はいつまでたっても片付かない。部屋も同様なのでなるべく物を動かさないようにしている。それからルーティンが崩れることへのストレスが半端ない。いろんな症状があるが中でも苦労しているのが相手の気持ちの予測がつかない、というところだ。なにを言ったら相手が傷つくのか、喜ぶのか、悲しむのか、怒るのか。まったくわからなくなる。そのせいか生理前は彼氏とものすごい喧嘩をする。刃物で刺してえぐるみたいに言葉を投げ合ってしまう。(彼氏にも発達障害の気が少なからずあるので本当にえげつない)

 

ものすごい苦労をしているのだが治療はしていない。早く病院行ったらいいじゃんって思うよね?わたしもそう思う。6年ほど前精神科に通っていたことがある。社会不安障害双極性障害自律神経失調症適応障害…当時つけてもらった病名と処方された薬は数えきれない。今だからわかるけどそれ全部間違い。最初からPMDDだと診断されていれば良かったのだが生憎わたしが通った病院ではPMDDの認知が無く、その上担当してくれた先生はとにかく薬を試して飲んで薬が必要なくなるまで辛いのをだましていこうってタイプだった。今思えば病名も治療法も全部間違ってたんだけど渦中にいると本当になんにもわかんないんだよな。ので今は貴重な体験が出来たと思うことにしている。

その教訓もあって精神科にお世話になるのはもうやめたい。働いていた頃は漢方を買って飲んでいたのだがこれがまた高い。今は彼氏と同棲をしつつ結婚に向けて生活をしているので出費がかさむのが嫌で飲んでいない。加えて近所に女性外来のある婦人科は無し、相当詰んでいる。

 

発達障害についてはライフハックをかき集めることで日々やりこなしているという感覚だ。両親と彼氏の好意に甘えて仕事はせず専業主婦をやらせてもらっている。とてもありがたい。そのおかげで働いていた頃よりも余裕をもって毎日を過ごせている。

 

自分が本当に発達障害であるかについて近頃頻繁に考える。大きな病院へ行ってはっきりさせたいという気持ちはある。自分を分類化したいからだ。でも簡単なことではない。もし、自分が発達障害でなかったらどうしたらいいのだろう。「あなたは定型発達ですよ、よかったですね」なんて微笑まれたら多分その場で発狂する。じゃあどうしてわたしは不登校になったんだ、どうしてあんなにも他人に嫌われたんだ、どうしてこんなにもこだわりから抜け出せないんだ、どうして物を失くし部屋が散らかり、他人の気持ちもわからず社会に撥ねられ自殺未遂までしたんだ!…怖い、マジで怖い。ほんとやめてほしい。いやね、だったらもういいんですよ。自分が発達障害なのかそうでないのか、はっきりしなくてももうどうでもいい。自分が生きづらい中でも得とくしてきたライフハックを実践して毎日やっていけたらそれでいい。

 

一か月に一回生理はくるのでなんの症状もなく平穏に暮らせるのは一週間だけだ。その期間のみ「わたし健常者ですけど?」みたいな顔をして過ごしている。自己肯定感も低くならず堂々と外を歩けるし何よりハッピーで前向きだ。物もなくならないし他人とだって上手く関われる。ちょっといつもと違うことがあったってパニックにならないし寛容で優しい人になれるので自分では菩薩期間と呼んでいる。

 

もうじき菩薩期間に入る。太りにくい上に精神も健康的なので美味しいものを美味しいと言える。食べたいものを好きなだけ食べよう、あと彼氏を大事にしたい。

今日はここまで。