読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今までご苦労さん

発達障害のこと、自分と関わる他人のこと、メンヘラだったこと、月に一度のネガティブ週間のこと、自分を大切にすることの重要性とか

ここ最近の地獄について

今月もやっと嵐のような生理期間が終わりつつあるので振り返って書こうと思う。本当は生理期間中に書くべきなんだけど鬱々していてそれどころじゃなかった。

 

PMDDって本当に不思議なもので過ぎ去ってしまうと何も覚えていないことが殆どだ。鬱々していた気分もどこへやら、苛々していた気分もどこへやら…。今はまあまあフラットな精神状態を保ちつつ、荒れている部屋を片付けいつもの生活リズムに則って1日を消費する。そんな感じ。

 

さて今月は「ニュートラル期間」の終わりから生理1週間前に当たる「ネガティブキャンペーン期間」をほぼ毎日めそめそ泣いてキリキリ怒り、溜まった鬱憤を爆発させて過ごしてしまった。一昨日までは彼氏と酷い喧嘩をしていたので生理期間中もずっと「ネガティブキャンペーン」と「大爆発」を繰り返していたのだと思う。以前は生理が始まると共に苛つきも少しは治まりPMSにうなだれつつ過ごせていたのだがここ半年程は生理が完全に終わるまでPMDDの症状は続くようになっている。

 

今月は物忘れやルーティンが崩れることに対しての苛つき、部屋が片付けられなくなったり相手の気持ちがさし測れないことが多かったように思う。加えて菩薩期間の自分と今現在の自分との違いに戸惑うことが多々あった。LINEのやり取りをする時や顔を合わせて話す時の言葉の受け取り方など、菩薩期間やニュートラル期間の自分と違う気がして「自分が自分でない感覚」というか、「本当の自分がもう一人の自分に覆われてしまっている感覚」が強くあった。反射的に話してしまい自分の言いたかったことが伝えられなかったり普段しないような敵意があると受け取られかねない言葉や言い回しをしてしまったりとにかく違和感が強かった。これには本当に参ってしまいとにかく多く謝ったり弁解などをしたがそれもまた大きなストレスだったように思う。

過眠も強く出た。夜はとにかく眠くて彼氏に謝って早く寝ようと自分の部屋に行くのだが小さな物音で目がさえてしまったり、身体が火照って寝つけないことも多かった。寝坊することも増え、朝決まった時間に起きれず大慌てで弁当を作ったが片付けが思うようにいかずパニックを起こして泣き始めてしまうことが2回ほどあった。彼氏はどうしたらいいかわからなくなることが多く、結局喧嘩になり険悪な空気で過ごした日も多い。こうしてね、こうしてくれると嬉しいよ、と彼氏にはお願いしていることもあるのだが実際にパニックを起こして泣いている人間を見るとまあなかなか思い通りにいかなかったり、彼氏自身の気持ちもマイナス方面につられてしまったりするらしく毎月毎回全然うまくいっていない。仕方ないと割り切ってはいるものの、まあ割り切れてはおらずなんでこんなに喧嘩ばっかりなんじゃー!ふざけんなー!とまくし立ててしまうこともある。先日まくし立てました、すいません。

 

母に話を聞いてもらったり好きなことをして自分のモヤモヤをある程度は解消しようとするのだがまあそんなにうまく解消出来たら苦労はしてないわけで。今月も怒鳴り合いの喧嘩をし、わたしが家を出て実家に帰り、例のごとく彼氏が死ぬほど反省をし、これから頑張る!気を付ける!と仲直りをするいつものパターンでした。ほんと文字にするとめちゃくちゃ馬鹿らしくて嫌になるなこれ。

 

そういえば今月はいつもと違うことがひとつあった。5日ほど前のことなのだが、以前精神科に通っているときに薬の副作用かなんか知らんが症状が出た「ムズムズ脚症候群」に似た感覚がガツンときた。生理前にもストレスが溜まると腰や足にムズムズした感覚がくることがあり、多分骨盤や股関節にストレスがきやすい体質なんだろうと自分では思っている。就寝前にこのムズムズと情緒不安定が同時に来たので早々に部屋にこもり脚を叩いてみたり思いっきり泣いたり落ち着こうと身体を揺すったり、試行錯誤をして終いに泣き疲れて寝た。彼氏は心配をして何度か声をかけてくれたが話を聞いてもらおうにもあまりに不安定だったのでこれはいかんと追い返し、なんでもないを通したのだがまあこれが結局翌日彼からの八つ当たりの原因になったんだけどこれはもうわたし自身の問題なので今後も同じことがあれば同じようにすると思う。薬もあるので同じような症状で困っている方がいれば医療機関に相談してみたり食生活の改善や運動等を取り入れてみるといいと思う。

muzumuzu.com

 大体2ヶ月に1回のペースでPMDDの症状が重い月がくる。鬱々とする他、口内過敏が強くなり歯磨きする度にえずく。地味に嫌だ。今月は気圧の変化にも強く反応した。春は仕方ないけどもかなりキツイ。来月は少し軽いと良い。

彼氏とする喧嘩についてはわたし側からしか今日は書いていないので問題点や改善点等、また今度冷静に見てみたいと思う。

わたしの全てがそこにあった。あの部屋はわたしの城だった。

パソコンの中を久しぶりに見返して昔撮った写真などを見返していた。精神は今よりずっと不安定で暗闇の中必死に出口を探しているような毎日だった。高校も満足に通えずやっとの思いで通信制を卒業した時にはわたしはもう二十歳だった。

 

 

実家の部屋は今でもたまに思い出す。赤地に白の水玉模様をしたベッドカバー、父に買ってもらった小さいパソコン、サイコロ型の大きな灰皿となくさないよういつも身に着けていた銀色のジッポ。わたしの全てがそこにあった。あの部屋はわたしの城だった。

f:id:rn_pq:20170326142734j:plain

夕方に起きて明け方に眠る。夜中にご飯を食べて両親が仕事に出かけると風呂に入った。土日は憂鬱だった。人の気配がして落ち着かない。どうか昼間目が覚めませんようにと眠剤を飲んだ。インターネットが全てだった。いろんな人と話をした。今でも連絡を取り合う人は一人だけだ。みんなどうしているんだろう、寝つきが悪い日は必ず思い出す。

f:id:rn_pq:20170326141436j:plain

グレープフルーツジュースが好きだった。酸っぱくて苦い、でも甘い。母に頼んでたくさん買ってきてもらった。知り合いにもらった携帯用冷蔵庫に詰め込んでいつでも冷たく飲めるようにした。煙草を吸って薬を飲んで眠る。母の作るご飯が食べられなくなった。手作りに耐え切れなくてご飯は全てレトルトにしてもらった。電子レンジで温めてお湯を注いでそれらを食べて過ごした。あんなに美味しいと感じた母の料理を気持ち悪いと感じるわたしはなんて恩知らずなのだろうと思った。

f:id:rn_pq:20170326141646j:plain

自傷癖は長くあった。腕や手を切ると気持ちが楽になった。血が出ている場所に意識がいって自分が持つ不安や胸の痛みから目を逸らすことが出来る。やりたくなかった、やりたくなかったけどそれよりも不安でいることが辛かった。写真が好きでよく撮った。自分が切った後の腕も撮った。見返しても当時は辛かったんだなと思うしかない。

f:id:rn_pq:20170326141825j:plain

冬になると父が部屋は寒いだろうと暖房器具を買ってくれた。部屋はとても暖かくなった。毎日パソコンに向かってアニメを消費した。遊戯王シリーズをテレビ放送に追いつくまで3か月半で見た。やることがあって嬉しかった。

f:id:rn_pq:20170326142208j:plain

ずっと一人でいた。このまま一人でいたいと思った。世の中は厳しすぎる、わたしには出来ないことが多すぎるんだ。バイトで躓くたびに引きこもった。頑張っても出来ないことが多かった。でも出来ないと口に出せなかった。仕事だからやらなければいけないのだと無理をしたけどやっぱり出来なかった。どうしてこんな簡単なことも出来ないんだと言われたこともあれば、ああ出来ないんだね、わかったよと許してもらえたこともあった。どうしてわたしは出来ないんだと、いつも自分で自分を責めたからどちらでも一緒のことだった。いつも身体を壊して辞めた。母は何度わたしのバイト先に電話をしたんだろう。実家のクローゼットにあるわたしのバイト用グッズの箱を見るたびに消えたくなる。

f:id:rn_pq:20170326142416j:plain

赤いものが好きだった。ベッドシーツもカーペットも赤色で揃えた。カーテンだけは紺地に星柄のもので眠るときにはよくその星の数を数えた。不安で仕方ないときは安定剤を貪った。ハムスターみたいだね、と友人に言われたことがある。ハムスターだったらこんなに苦しくないのかなと思った。その友人も何錠も安定剤を流し込んでいたけどわたしには彼女がすごく大人に見えた。

f:id:rn_pq:20170326142544j:plain

痩せたり太ったりした。41㎏まで減った時もあったし、74㎏まで増えた時もあった。ガリガリでもデブでもあまり関係なかった。ひとり部屋で暮らしていた。

f:id:rn_pq:20170326143202j:plain

ウィッグが好きだった。被って化粧をして写真をたくさん撮った。自分じゃない人間のようで楽しかった。派手な格好をして外を歩いた時もあった。自分は他人と違うのだと見せつけたかった。わたしは結局人と同じだし特別な何かにもなれなかった。むしろ凡人以下の出来損ないだ。それでも当時はその事実から必死に逃げ回っていたのだと思う。わたしは特別な何かになりたかった。

 

f:id:rn_pq:20170326145002j:plain

今でも昨日のことのように思い出す。あの部屋の色、煙草の香り。階下で人が動く音を聞きながら微睡む日曜の昼下がり。口に含んだ錠剤の味や腕を切るわたしの泣き声も全部、まるで昨日のことのように思い出す。今でもわたしの胸の奥にはあの部屋がある。そこでわたしが苦しそうに楽しげに悲しげにしているのをそっと見つめながら慰める。今のわたしが思い出しても泣かなくなるまで少しずつ供養をするんだ。彼女が少しでも笑えるように、苦しくないように、笑顔でいられるように少しずつ。

生理前に食べない方が良い物、食べた方が良い物の話をしようと思う

生理前に食べない方が良い物、食べた方が良い物の話をしようと思う。同棲を始めてからは金銭面や献立の問題もあって一人暮らしの時ほどストイックには出来ていないけど一応以前わたしが実践していたものです。精神疾患の鬱にも効くことがあるのでよかったら覚えていってね。

 

生理前に気を付けたい事としてよく耳にするのは

・身体を冷やさない

・カフェインを控える

・適度な運動を心がける

・リラックスして過ごす

・甘いものは控える

・鉄分の多いものを積極的に摂る

とかだと思う。これはすごく大事なこと。PMDDにも効くし(個人差はあると思うけど)、PMSで悩んでいる女性はもちろん気をつけていることだと思う。カフェイン控えて甘いものやめて運動して鉄分摂って風呂入ってリラックスして~って出来たら一番だよね。まあわたしは無理でした。

 

突然なんですけどわたしのモットーは「食べることは生きること」です。なのでPMDDPMSも食べることで軽くしてこってな趣旨で今回は書こうと思います。まあ軽くならない時もあるしちょっと効いてんな?って時もあるので少し頭に入れておくくらいが良いと思います。効果には個人差があるし全部ネットで得た知識なので間違ってるところはあるかもしれません。間違ってたらここ違うよ~って教えてくだされば訂正してお詫びします、よろしくお願いします。

 

 

まずは血糖値について。PMSでもPMDDでも、血糖値の上がり下がりはなるべく避けたほうが良いと思う。過食に繋がったり暴食になったり、感情のコントロールが血糖値によって難しくなるってわりとあり得ると思う。わたしの場合調子が悪いな、ネガティブだなって感じた時は大体お腹が減っていて、何か口に入れたら気分が晴れたり。もしそんな感覚に覚えがある人がいたら血糖値にも注意して食事を摂ってみてください。

 

 

ではお肉とお魚から。献立のメインになるものですね。これらは赤身のものがオススメです。赤身のお肉には幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されやすい成分が多く含まれています。セロトニンにはPMSPMDD、鬱などの不快症状を緩和してくれる作用があります。鬱の方は日光浴を勧められることが多いのですが、これは太陽の光を浴びることでセロトニンが分泌され易くなるからみたいですね。以前ツイッターで「鬱の奴は全裸で朝日浴びながらバナナ食え」みたいなのが流れてきたんですが理にかなってるなあとひとり納得していました。バナナにもセロトニンの分泌を促す成分はあるにはあるのですが、生理前にはおすすめ出来ません。バナナは糖分が高く血糖値も急激に上がりやすいのでPMSPMDDの症状が酷くなる恐れがあります。気を付けてね、でもバナナたまに食べると美味しいよね。

赤身のお肉でおすすめなのは豚ヒレ。ただ少し値段は張ります。普通に豚こまやロースも良いと思う。豚肉にはビタミンBとアミノ酸が多く含まれているのでセロトニンが分泌されやすくなるそう。ビタミンBは肌荒れや口内炎にも効くし生理前には積極的に食べて欲しい。

魚だとカツオやマグロなんかが良いみたい。生で食べると身体が冷えるのでなるべく加熱して調理すると良いと思う。

レバーも鉄分が豊富だけどわたしはどうしても食べられなかったので同じように鉄分の多いあさりをよく食べていました。味噌汁が美味い。

牛肉もいいよね、ステーキ最高です。

なるべく脂身は避けた方が健康上よろしいと思います。

 

次は野菜。野菜を摂る上では

・身体を冷やさない

・血糖値を急激に上げない

が重要。

生野菜は身体を冷やしてしまうのでPMSの方はちょっと注意した方がいいかも。温かいものを一緒に食べられるならまあいいんじゃないかなぁって思います。

 

身体を冷やさない野菜っていうと、大体「土の中に出来るもの」。これで大きく括っていいと思う。じゃがいも、かぼちゃ、ゴボウ、レンコン、里芋とかかな。ゴボウレンコンあたりはとってもおすすめ。植物繊維も豊富で生理前のお通じの詰まりなんかに悩んでいる人は是非。こんにゃくも低カロリー植物繊維たっぷりでうれしいよね。よく言われてるけど生姜なんかも身体を温める作用があるので生理前には良いと思う。

ただ土の中に出来る野菜でも血糖値を急激に上げてしまうものには気を付けて欲しい。イモ類(さっき上げたじゃがいも、かぼちゃ、里芋等)、それからにんじん切り干し大根フルーツ類も血糖値を急激に上げやすい高GI値食品なので注意してみてね。

それぞれの食品のGI値が表になっているページを置いておきます。お世話になってます。

www.eldorado-rum.com

たけのこは低GI値だし植物繊維も…って思うんだけど、たけのこには身体を冷やす効果があるみたい。気になる人は避けることをお勧めします。

ただ血糖値を急激に上げないものばかりで食事なんか摂れないんだよね。なのでそんな時は食べる順番に気を付けてみて欲しい。低GI値のものから食べ始めることをお勧めするよ。すきっ腹に高GI値食品はなるべく避けよう

 

 

お肉と野菜以外で気を付ける、避けるってものは本当に一般的なものになっちゃうのでさらっと書きます。

・カフェインを控える

・甘いものを控える(和菓子でも洋菓子でも)

・塩分を控える

・食べ過ぎに注意

まあどこでも書いてあることですね。カフェインは興奮作用があるので避けること。最近はコーヒー屋さんでもカフェインレスを置いてあるから良い世の中になってきたなあと思います。甘いものは生クリームでもあんこでも一緒控えましょう。どうしても食べたかったら必ず食後に。血糖値の上がりにくい食事を摂った後のデザートなら急激に血糖値が上昇するのを防げます。すきっ腹には絶対ダメ塩分は控えましょう。生理前は水分を溜め込もうと身体がむくみやすいので塩分はさらに身体をむくませます。のども渇いちゃうしね。味噌汁はおススメ味噌には余分な塩分と水分を体外に排出する作用があるそう。最近よく聞くよね。生理前の食事に味噌汁はとてもいいと思います。生理前はとにかくお腹が空くので食べ過ぎちゃうこともありますが、自分のためにも少し控えましょう。いつもと同じ分量+ちょっとで終わりに出来たらいいよね。

 

血糖値は急激に上がれば急激に下がります低血糖状態になり思考能力も下がります。その急激な血糖値の上がり下がりが続くと糖尿病になる可能性もあります。気を付けようね。(低血糖については個人差があるので低血糖になりやすいという方は特に気を付けて欲しいです)。

 

炭水化物についてはいつもと同じ量とればいいと思います。炊飯器の権限を持っている方なら玄米にするのもお勧め。白米に比べて低GI値です。パンがお好きな方は白いパンより茶色いパンを選びましょう。全粒粉や砂糖不使用のものが好ましいです。

 

ざらっと書いたけど自分が試してきたことはこんな感じ。ダイエットを頑張る人にもGI値は重要になってくるのでさっき貼った一覧表は是非見てみて欲しい。

 

もうとにかく不安定でどうしようもなくってちゃんとした食事なんか無理!やってられない!うわーってなっちゃうこともあると思います。わたしはよく生理前にポテトチップス3袋一気に吸い込んだりやけになってドーナッツ買ってきちゃったりどうしてもコーヒーが飲みたくてがぶがぶ飲んじゃったりしてます。いや、全然守れてないよね、うん。良くないね。でも今日はちゃんとしなくちゃいけないとか、今日だけは不安定になってられない、っていう日にちょっと試してみて欲しい。

 

以前働いているとき、仕事の日の食事だけ気を付けようとお肉食べて野菜食べて身体冷やさないでカフェインやめてってやってました。プラシーボ効果もかなりあったと思うけど、でもそれで少しでも自分の不調をごまかせればって思ってさ。ごまかして騙してやっていけばいいんだと思います。だって生理になるんだもん、毎月来ちゃうんだもん。ホルモンバランスには抗えないし病院に行かない限り治りはしません。病院に行っても治るかわかんねえし。だからもうだましだましやっていくしかないんだなって思っています。ただやっぱり食事って大事なので、自分が満たされるようにするのが一番かなって思います。健康的な食事で満たされることが理想だけどやっぱり食事は楽しくないと。無理のない範囲で辛さをやり過ごせるように、少しずつ自分に優しく出来るといいなって思います。

物を買うことがとてつもなく恥ずかしいと思うことがある

物を買うことがとてつもなく恥ずかしいと思うことがある。スーパーでは食材を買う時わたしはこんなものを食べるんですと宣言している気になるし、ドラッグストアではわたしはこれらを使って生活しているんですよと触れ回っている気になる。使うトイレットペーパーも洗剤も、旬の野菜や新鮮な魚も全部が羞恥心の元だ。レジでは消えてしまいたいと思いつつもなんでもないような顔をして代金を支払いレシートを受け取る。誰にも見られたくない、知り合いには死んでも会いたくない、そう思いながら袋に詰める。

生理前は毎日が地獄に変わる。物を買うことがこんなにも恥ずかしいと思うのもただ単に生理前だからだ。わかっていても恥ずかしいものは恥ずかしいし嫌だと感じる自分は消えてはくれない。ガサガサと鳴るビニール袋は大嫌いだし、袋詰めをしようと奮闘しても買う量が多いと上手に詰められない。わたしは片付けられない女だ。周りの買い物客は早々袋詰めを終えて去っていく。冷ややかな視線を浴びているような気がして泣くことを堪えながら必死にガサガサとうるさいビニール袋に食材を詰める。わたしはこれを料理して食べるんです、生きているから食べなくちゃいけないんです。みっともないですよね、恥ずかしいですよね。わたしなんかはゴミでも食べてればいいですよね。死んでしまうことは許されていないみたいなんです。だから生きてるんです。ごめんなさい。

こんな鬱々とした買い物客がいるとは店側も迷惑だろうなと帰りの車の中でいつも考える。終わった、やっと終わった。良かった、ちゃんと出来た。帰ってからまた冷蔵庫にしまわなければいけない物たちから目を逸らして帰る。買い物を終えた時、いつもお腹はペコペコだ。

菩薩期間終了のお知らせ

生理が終わって一週間経った。昨晩、胸に不安感があり寝不足だからだな、と早く寝たものの今朝もモヤモヤしていて少し泣いた。まあ昨日も寝る前泣いたんですけど。わたしの子宮は随分律儀で正確なのだなあと感心する。もう少し鈍感で約束を守れないくらいのいい加減さを出して欲しい。まあ予定日がずれない分不調の予測が立てやすいので文句を言ってはいけない。ホルモンバランスにはどうしたって抗えないのだ。

 

昨日までのわたしが出せるパワーを120だとすると今日からのわたしが出せるパワーは70くらいか。いかんせん生理後一週間(菩薩期間)、夜更かしをしたり毎日出掛けたり、テレビを楽しんだり人と関わり合う事をしたりしていたので精神と身体にガタがきているように思う。でもそうしないと勿体ないじゃん、1か月の内に楽しいことを楽しめるのってマジで一週間だけなんだぞ。

 

生理2週間前。わたしはこの期間のことを「ニュートラル期間」と呼んでいる。とにかく無気力になる。ただエンジンはかかっているのでやろうと思えば出来る。だけど動けない。やることが終わればひたすら動かずぼけっとしている。そんな期間だ。この時期に少し苛ついたり不安になることがある。昨日まで「全然大丈夫なんてことないさ~」と思っていたことが今日になって「どうしようちゃんとできるかな」に変わるので彼氏からしたらとても迷惑だと思う。「昨日と言ってること違うじゃん」と言われるとぐうの音もでない。感じ方がすべてにおいて変わる。これには自分でもいまだに戸惑っていることのひとつだ。

 

どうして同じように出来ないんだ、どうしてこんなにも気持ちに波が生まれるんだ、周りの人間はいつだってフラットな精神状態に見えるのにわたしはどうしてこんなに。そうやって延々と自分を責めていた時期もあった。自分は出来損ないだ、社会に適応できなかったクズだ、誰もわたしを愛してくれない。どうしてそこまで飛躍するんだって思うよねえ。でも一度鬱のスイッチが入るとどんどんどんどん坂道を転がっていつも気づいたらどん底にいた。そこから死ぬ物狂いで這い上がって坂道を上がってようやくフラットな精神状態に戻る。大体いつもその繰り返し。いまだにそれをやることもある。最近は頻度は減ったが生理日が近づくとたまにやります。マジで辛い。

 

理由が欲しくて自らを責め続けてるんだけど、理由はもうひとつしかないんだよね。「PMDD」だよね。生理前不快気分障害だよね。でもこれじゃあね、なかなか腑に落ちないんですよ。だってそんな、ホルモンバランスなんかでこんなにも感じ方が変わったり気持ちにムラが出来たり、今まで出来てたことが出来なくなるなんて悔しくないですか?わたしはすげえ悔しいよ。女に生まれてこなきゃ良かったって大体思っちゃうよ。でもどんなに悔しがっても自分の子宮を恨んでも、ホルモンバランスには抗えないし勝つことも出来ないし、生理前には泣いて怒って死にたくなっちゃう。困っちゃうよね。

 

治るのか、って気になる人もいると思う。これに関しては検索かけた方が良いと思うんだけど、本当に「人それぞれ」。漢方で完治させた人もいるし向精神薬PMDDと付き合ってる人もいる。ピルを服用して症状を軽くさせてる人もいる。こればかりは本当に薬との相性や医療機関との相性もある。一概にこう!と言えないのがまた辛いところだよね。わたしは毎月なんとか騙し騙しやってこれちゃったので頑張ってきた自分の努力を認めてやりたい!と馬鹿な考えのもと医療機関にはかからずその癖彼氏には多大なる迷惑をかけながらホルモンバランスと戦っているところです。

 

気持ちの不安定さや怒りっぽさ、出来ていたことが出来なくなる悔しさなんかは本当にどうしようもないことだって感じている人が多いと思う。病院にかかって治療しないと何も良くなったりしないって思う人もいると思う。確かにそうかもしれないし、わたしの場合に関してもまあなにも良くなってないから今日ニュートラル期間に入っちゃったのよね。ただね、まあまずは理由探しをやめて受け入れてみて欲しい。本当に生理前で余裕のないときはそんなことしていられないんだけど、少し心に余裕があるとき、少しずつ気持ちや身体に変化が出始める時期、本当に少しで良いから自分を責めるのをやめて今の状態を指さし確認してみると気持ちに変化が生まれるんじゃないかなあと。あっ、生理終わって1週間経ったんだ、だからちょっとやる気なくなっちゃったんだな。今日少し苛々しちゃってたけどそっかあ生理前だからかあ。なんか今日は悲しい気持ちになるなあ、生理前だから仕方ないか、だったら思いっきり悲しい映画でも見ようかなあ。みたいなね。いや、これすげぇ難しいんですよ。わたしだって出来ない時がほとんどだし。でも自分の状態を確認して、そこから責めに移行しない。これって本当に難しいことなんだけど出来ると心が軽くなると思う。医療機関にかからないとどうしようもない症状だけど、同じどうしようもないなら言葉の通り「どうもしない」って事も必要になってくるなあってここ最近感じています。

 

ツイッターを彷徨っているとわたしと同じように生理前の不快症状で悩んでいる女性を見かけることがある。先週ブログを書いてから♡を頂くこともあった。まだまだ認知度も低いし誤解もされやすい症状だけど、辛いのはひとりじゃないよ、おかしいことなんてないよ、大丈夫だよ、っていう気持ちがちょっとでも届けばいいなあなんて思う。みんながそれぞれ自分に適した治し方や症状の緩和法なんかが見つかればいいね。

発達障害とPMDDについて

今現在のわたしに見られる発達障害PMDD(月経前不快気分障害)について書こうと思う。

そもそもわたしは「あなたは発達障害ですね」と診断された訳ではない。小学生の頃不登校になったわたしを心配した母が一度診てもらおうと隣町の精神科へ足を運んだ時期があった。その時医者から「娘さんは発達障害かもしれないね、一度連れてきてください」と言われたらしい。当時のわたしは病院へ行きたがらなかったため結局診断はされずはっきりしないまま大人になってしまった。

 

大人の発達障害は診断が難しい。医者も一概に「あなたは発達障害である」と言えないことが多いらしく「おそらくそうだろう」「発達障害の気がある」「そうかもしれない」等の診断を積み重ねて「発達障害である」と診断がつく場合が多い。(もちろん知能テスト等ですぐわかる人もいる)

 

ところでわたしにはPMDDという厄介な症状がある。生理2週間前から抑鬱や不安感に加えPMSの諸症状(食欲増進・むくみ・頭痛等)がモリモリ出てくる。生理予定日が近づくにつれ症状は酷くなり箸が落ちただけで怒り狂い、部屋が寒いというだけで絶望し泣き、どうしてわたしは生まれてきたのだと自問自答する。これが生理が来るまで続く。マジで。

これだけでも大変なのだがこのPMDDの症状が出始めたとき加えて発達障害の症状まで強まってくる。まず物を失くす。さっきまで机の上に置いておいたボールペンが5分後には無くなっていたりする。それから物事の順序立てが出来なくなる。なにを優先すればいいのかわからなくなり料理中の台所はいつまでたっても片付かない。部屋も同様なのでなるべく物を動かさないようにしている。それからルーティンが崩れることへのストレスが半端ない。いろんな症状があるが中でも苦労しているのが相手の気持ちの予測がつかない、というところだ。なにを言ったら相手が傷つくのか、喜ぶのか、悲しむのか、怒るのか。まったくわからなくなる。そのせいか生理前は彼氏とものすごい喧嘩をする。刃物で刺してえぐるみたいに言葉を投げ合ってしまう。(彼氏にも発達障害の気が少なからずあるので本当にえげつない)

 

ものすごい苦労をしているのだが治療はしていない。早く病院行ったらいいじゃんって思うよね?わたしもそう思う。6年ほど前精神科に通っていたことがある。社会不安障害双極性障害自律神経失調症適応障害…当時つけてもらった病名と処方された薬は数えきれない。今だからわかるけどそれ全部間違い。最初からPMDDだと診断されていれば良かったのだが生憎わたしが通った病院ではPMDDの認知が無く、その上担当してくれた先生はとにかく薬を試して飲んで薬が必要なくなるまで辛いのをだましていこうってタイプだった。今思えば病名も治療法も全部間違ってたんだけど渦中にいると本当になんにもわかんないんだよな。ので今は貴重な体験が出来たと思うことにしている。

その教訓もあって精神科にお世話になるのはもうやめたい。働いていた頃は漢方を買って飲んでいたのだがこれがまた高い。今は彼氏と同棲をしつつ結婚に向けて生活をしているので出費がかさむのが嫌で飲んでいない。加えて近所に女性外来のある婦人科は無し、相当詰んでいる。

 

発達障害についてはライフハックをかき集めることで日々やりこなしているという感覚だ。両親と彼氏の好意に甘えて仕事はせず専業主婦をやらせてもらっている。とてもありがたい。そのおかげで働いていた頃よりも余裕をもって毎日を過ごせている。

 

自分が本当に発達障害であるかについて近頃頻繁に考える。大きな病院へ行ってはっきりさせたいという気持ちはある。自分を分類化したいからだ。でも簡単なことではない。もし、自分が発達障害でなかったらどうしたらいいのだろう。「あなたは定型発達ですよ、よかったですね」なんて微笑まれたら多分その場で発狂する。じゃあどうしてわたしは不登校になったんだ、どうしてあんなにも他人に嫌われたんだ、どうしてこんなにもこだわりから抜け出せないんだ、どうして物を失くし部屋が散らかり、他人の気持ちもわからず社会に撥ねられ自殺未遂までしたんだ!…怖い、マジで怖い。ほんとやめてほしい。いやね、だったらもういいんですよ。自分が発達障害なのかそうでないのか、はっきりしなくてももうどうでもいい。自分が生きづらい中でも得とくしてきたライフハックを実践して毎日やっていけたらそれでいい。

 

一か月に一回生理はくるのでなんの症状もなく平穏に暮らせるのは一週間だけだ。その期間のみ「わたし健常者ですけど?」みたいな顔をして過ごしている。自己肯定感も低くならず堂々と外を歩けるし何よりハッピーで前向きだ。物もなくならないし他人とだって上手く関われる。ちょっといつもと違うことがあったってパニックにならないし寛容で優しい人になれるので自分では菩薩期間と呼んでいる。

 

もうじき菩薩期間に入る。太りにくい上に精神も健康的なので美味しいものを美味しいと言える。食べたいものを好きなだけ食べよう、あと彼氏を大事にしたい。

今日はここまで。